配管補修

井戸掘り後の配管補修

井戸掘りが終わり、水が出たらそれで終わり、というわけではありません。井戸掘りを行った後は、その井戸を定期的に補修、点検して維持していく必要があります。特に井戸掘りを行った地域の地質や水質によっては、埋め込まれたスクリーンなどの採水部分が目詰まりを起こしてしまう場合があります。そうなると井戸の水量は減少し、やがて実用に供することが難しくなります。一旦井戸掘りをしたら、その後長く付き合わなければいけないということは考えておきましょう。

井戸掘り後のメンテナンス

井戸掘り後のメンテナンスは、先にも書いたとおり井戸を枯らさないようにするためには必ず必要な作業です。井戸掘り後にそのまま放置しておくと、あっという間に井戸が枯れてしまいます。特に最近の井戸は細い掘り抜き井戸が多いため、特にメンテナンスは重要です。井戸掘り後も、メンテナンスに関わる業者は見つけておくべきでしょう。もしかすると、井戸掘りをしてくれた業者が井戸のメンテンナンスも請け負っているかもしれませんので、井戸掘り時はその辺りも聞いたほうが良いかもしれません。

掃除の方法

井戸掘り後のメンテナンスの方法としては、管内をブラシで清掃したり、スワブ玉という器具で井戸内の水を上下させ、その勢いでスクリーンのゴミを取り除いたり、あるいは強力な水流で汚れを剥がし落とす高圧洗浄も多く行われます。井戸掘り後はこれらのメンテナンスを定期的に行う必要があり、一見面倒にも感じますが、せっかく井戸掘りをした井戸を長持ちさせるためにも、是非計画しておくことをお勧めします。