井戸掘りについて

井戸掘り後の汲み上げ

井戸掘りが完了すれば、いよいよ水を汲み上げて使えるようになるのですが、そこで必要になるのが井戸水を汲み上げる手段です。人が直接井戸工事を行った工事や周辺の環境から、中々良い水源が得られないという場合、井戸を深くしていきますが、こうなると汲み上げる際にとても膨大な労力が必要になります。こうなると、昔の井戸のように滑車と桶を利用して組み上げるのは現実的ではありません。そこで、井戸掘りの後で設置されるのが水中ポンプや、手押し式のポンプです。これによって非常に楽に井戸水を汲み上げることが可能になります。井戸掘りを依頼される時は、これらの汲み上げ方式についてもよく考えておかないと、実際に使う時に困ることが多いようです。

井戸掘りは失敗するの?

井戸掘りをする際に気になる点があるとすれば、実施に井戸掘りをした井戸から、水が出てくるかどうかではないでしょうか。井戸を掘る前には事前の井戸掘りの実績などを踏まえた上で場所を選定しますが、それでも井戸掘りをしても水が出てこない可能性はあります。では、井戸掘りをして水が出やすい土地とそうでない土地にはどのような違いがあるのでしょうか。一般的に井戸堀りをして水が出やすいのは、周りと比べると窪地になっている場所、もしくは扇状地の端などと言われています。逆に言えば、高台の上では井戸掘りをしても井戸水が出てないことが多いということがわかると思います。

井戸掘りを専門家に任せる

井戸掘りの専門家は、そういった可能性も考慮した上で井戸掘りを進めますので、高い成功率を誇ります。もし井戸掘りを考えている方は、専門業者へご連絡されることをお勧めします。